【セミファイナリストインタビュー vol.7】さやかさん

10月 31st, 2018

海外での活躍も視野に入れた看護師&モデル

さやか
看護師

 


国内外の人を助ける仕事がしたい

超未熟児で生まれ幼少期は病院通いだったことと、看護師だった母の背中を見て、私も無意識に看護師を志すようになっていたのかもしれません。現在は看護師2年目、小児病棟に勤めています。子どもの気持ちは大人に比べて読みづらく、小児病棟は親御さんの心配も多く寄せられるところ。コミュニケーション面で苦戦することもありますが、非常にやりがいのある仕事です。これまでさまざまな科で実習を経験してきましたが、いずれは外科で働くことが目標。オペ後の患者さんが回復していく過程を間近で支えたいという思いがあります。将来はシドニーへの医療留学も視野に入れており、そのためにも英語の勉強を続けています。近年は日本語が話せない外国人の患者も増えてきました。医療従事者の今後にとって、語学力の向上は重要です。


なにごともトライしてみる

高校生のころ、街中でモデルの誘いを受けるようになりました。初めは恐怖心もあり断ることが多かったのですが、挑戦することに楽しさを見出し、興味が湧いた事務所には積極的にエントリーをするように。しかし当時はレッスンばかりで仕事に直接つながる機会は少なく、サロンモデルをするにも事務所の許可が必要だったため、着実に実績を積むため自由度の高いフリーランスに転向しました。以降は広告や雑誌などの案件でもモデルを担当しています。モデルを始めた当初は表情の作り方やポージングに戸惑うことが多かったのですが、もっと早く挑戦していればその分表現力もついたはず。なにごとにも早めに行動することが大切なのだと思います。モデルの経験を活かして、いつかは海外と日本のファッションを繋ぐような仕事にも挑戦したいです。

 


 

型を破り、自分らしさを表現する

日本には副業を認める企業がまだ少ないのが現実。でも、本職に影響がなければいろいろなことに挑戦してみるべきだと思います。今回のアワードに応募したきっかけは、身近な人との会話で「あれがやりたかった」「これがやりたかった」と後悔に近い視点で語られることが多かったから。たとえば私は撮影現場で自由に表現をすることが日頃の癒しになっていますが、看護師とモデルの両軸があるからこそ成し遂げられることもあります。アワードへの参加を通して、「私もやりたかったことに挑戦してみようかな」と思う人が増えてくれればうれしいです。FABIAのアイテムはどんな人にも合わせやすいカラー展開で、オフィスやパーティシーンにも使い回しできるものばかり。堅苦しくなりすぎず、さりげないディテールにこだわりを感じます。FABIAの服を通して多くの女性が前向きになれることを祈っています。

 

 

 


FUTURED WOMAN

さやか

看護師


 

アプリDLをダウンロードするだけ!
全員に2000円分のクーポン券をプレゼント中

 


 

WEB & APP EVENT

選考イベント・キャンペーンアプリご紹介

BE FABULOUS アプリは
皆さんとセミファイナリストとで
FABULOUS WOMAN OF THE YEAR 2018を
より一層盛り上げるコンテンツが満載です!

女性のプロフィールページ経由でInstagramをフォローいただき、BE
FABULOUS内で「応援ボタン」を押すと女性のランキングア
ップに貢献!

積極的に投票頂いた方にはFABIAから素敵なプレゼントが抽選で贈呈され
るキャンペーンも開催!(InstagramIDの登録が必要です)

アプリイベント・キャンペーンは12月まで毎日開催中です!
アプリをご利用の皆さんの応援が、セミファイナリストの皆さんの入賞に
つながります!
是非毎日アプリをチェックして応援してください!

Banner Footer

主催

英語のFABULOUS(ファビュラス:すてきな、すばらしい)
から生まれた造語で、
トレンドを意識しつつも、
自分らしいスタイリングでファッションを楽しむ
30代~40代の女性へ
向けたファッションブランドです。
“働く女性の毎日をもっと楽に、今よりも心地よく過ごしてもらいたい”そんな想いから、
「快適さとおしゃれ感を両立させたお仕事服」を日々お届けしています。

Supported by

才能を持つすべての人に、新たな活躍の機会を届けたい。
これまでアナログだったキャスティングサービスの領域に
テクノロジーをかけ合わせることで才能ある人を最適な形で市場ニーズにつなげていきます。

誰もが安心して、才能を発揮できる、才能を見つけ出せる。
キャスティングの未来のスタンダード、それが「CLOUDCASTING」です。